Just another WordPress site

WordPress

未分類

屋根塗装時に急な通り雨

更新日:

以前に自宅の屋根の方が古くなってきている状態でしたので知人の塗装業者さんに屋根の塗装の塗り替えを依頼しました。自分の住んでいる地域は、北海道で冬は雪が多く屋根に雪が溜まるのですが屋根に傾斜があり雪が解けると滑り落ちる構造になっております。屋根の材質はトタンの屋根の材質で通常であれば雪がなんの問題もなく滑り落ちる状態です。ただトタンが古くなり塗装が薄くなってくると雪の滑りが悪く屋根の上に溜まった状態になるためトタン自体が腐食してしまいますし、つなぎ目のコーキングなどが痩せて雨漏りの原因にもなりかねませんので5年~10年くらいで屋根の塗装を塗り替えた方が良いらしいですね。知人の塗装業者さんに屋根の状態をみてもらいましたが、屋根の塗装もかなり薄くなり塗装も剥げているところがあるとのことでした。つなぎ目のコーキングも痩せてかなり深刻な状態だったようです。あと、あちこちのトタン部分が腐って錆びている箇所もあるとのことで、まずはトタンの下地処理をしてもらい、錆びた箇所のケレン作業とつなぎ目のコーキング補修をしっかりと実施してもらいましたね。その後、サビ止めの塗料を塗装してもらいまして下塗りも完璧に実施してもらいました。上塗り塗料の方は、シリコンの塗料を使用するとのことで屋根塗料の中でも良い方の塗料で上塗りを2回してくれるとのことでした。上塗り1回目を塗り終わった頃に予期せぬ通り雨が降りまして塗装業者さんはびしょ濡れ状態でしたが屋根の方は、そこまで影響はなかったみたいでしたので、トタンが乾いた後に上塗りの2回目の仕上げをしてもらい、無事に塗装終了しましたね。その後、積雪した雪もトタンの滑りも良好で大変満足しております。

-未分類

Copyright© WordPress , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.