Just another WordPress site

WordPress

未分類

鉄の門の塗装はハケで十分

更新日:

鉄の門の塗装を経験していますが、私としては鉄の門であればハケを使用しての塗装で十分であると思っています。と言うのも、水性フレッシュワイドと言う製品がありまして、この製品を使用した際の塗装談なのですが、この塗料、かなり優秀でして門の前の塗料を落としてからそのまま塗ることが出来る塗料なんです。普通、塗料と言うのはプライマーと言う引っ付きやすくするものを塗ってから塗装する必要があるんですが、この塗料は塗膜が厚く引っ付く力が結構強いので水性の割には粘つきます。どうしても粘つきが強い場合、水で薄めることが出来るので扱いも容易でした。塗っていて感じたのはこの塗料は、前に塗ったことがある塗料と比較すると垂れないなと言うのが率直な意見です。ここで言う垂れるというのは塗料が垂れ落ちることで垂れ落ちるとだまになる為だまになったものを再度削るか重ね塗りで対応するんですがそれをしなくてもよいのはかなり良い塗料ではないかと感じました。ハケだけで塗装をすることが出来るので、よほど安物のハケでない限り毛が抜けることも無いので多分この塗料であれば綺麗に塗装できる人は多いのではないかと思います。

まとめ

やはり水性系の塗料のほうが扱いやすく、油性は良い点は食いつきが良いのですが、反面垂れることもありハケデの塗装は難しいです。油性はどうやら薄く塗ることが重要らしく、薄く塗ることが出来ない人はどうしても垂れが生じてしまい失敗するとのことです。

-未分類

Copyright© WordPress , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.